各種プラント設備工事

タンクおよび配管を長期間活用できるように、安全・正確な工事を心がけます。

石油やケミカル類などが備蓄されるタンクおよび配管を設置する際には、考慮すべき点が複数あります。
代表的なものとしては、

  • タンクや配管が設置される場所はどこか?
  • 長期にわたり活用されることを考えられているか?
  • どんな製品に対しても安全性を保つことが可能か?

などが挙げられます。
岡本組では、これらのポイントを踏まえ、お客様のご要望に真摯に対応することで、安心・安全な新設配管工事、塗装工事、防蝕工事を行っております。

配管プレハブ ( 内作 ) 作業

配管プレハブ ( 内作 ) 作業
設置場所の状況に合わせた最適な配管工事をいたします。

タンクなどから石油やケミカル類を流し込む配管の設置には、確かな技術が要求されます。配管プレハブ(内作)作業では、配管製作図に従って、内作作業場にて鋼管パイプの切断、継手・フランジなどの溶接作業を行います。現地作業の効率化を図り、正確・丁寧な作業を心がけます。

配管敷設工事

配管敷設工事
現地にて適切に取付・組立工事。
火気使用制限の場所でも安全施工を心がけます。

配管敷設工事では、プレハブ(内作)製作後、現地にて取付・組立を行います。
確かな技術を持ったスタッフが、設置予定場所の状況に合わせて、最適な工事をいたします。また、火気の使用が制限されている場所でも安全に施工いたしますので、安心してご依頼ください。